大学受験と家庭教師

最近の日本はほぼ半数くらいの方が大学へ進学を希望するようです。
その場合に避けて通れないのが大学受験です。

3年前に臨んだ高校受験とはまた別物で、「センター試験」と聞くとそれだけでちょっとプレッシャーを感じる方もいるようです。
金銭的な都合で私立への進学は難しい場合は国立大学を目指すと思いますが、難関有名私立大学を目指す方も多くいらっしゃいます。
進学希望の生徒は高校三年生になると誰もが1年後の大学受験を意識しますが、意識して勉強をしてもずっと独学では国立大や難関私立は難しいでしょう。

家庭教師だと自分のペースに合った計画を立ててくれますので、ハッキリと自分の志望校を伝えましょう。
そして、模試を常に受けて、常に自分のレベルを把握しておきましょう。
家庭教師をお願いするとライバルがいない分、自分のレベルの把握が難しい場合がありますが、定期的に模試を受けたり、志望校の過去問題を実際のテストのような感じで受けたりすると自分の学力を把握しておけます。

 

コメントは受け付けていません。

Tags:

家庭教師へ求めるもの

家庭教師を希望した際にご家族が希望される事はもちろん成績アップや受験合格などがメインです。
そして、成績が思うように上がらないと先生に対して不信感を持つような親御さんも中にはいらっしゃるようです。

ご両親からすれば高いお金をかけているのですから、目に見える形で「成果」が欲しいというところなのでしょう。
しかし、いくらお金をかけても勉強は本人のやる気次第です。
お子さんが家庭教師を希望して、ご両親に一生懸命訴えて先生を付けてもらっているような場合は生徒はやる気に満ちていますからどんどん吸収していくでしょう。

反対に親に先生を付けると言われて、半ば無理やり勉強をしているような状況ではなかなか成果が出なくても当然です。
そんな2人が同じクラスにいたりすると、片方は先生を付けて成績が伸び、もう片方はあまり変わらないのですから先生の質の問題ではないか、とご両親は疑ってしまう訳です。
確かに先生のレベルは幅広く差がある事もありますが、優秀な先生が付いてもやる気がなければ同じ事です。

 

コメントは受け付けていません。

Tags:

家庭教師とご家族

家庭教師は教える生徒だけではなく、その生徒の家族とも上手に付き合っていかなければなりません。
その為、「ただ勉強を教える」というだけのアルバイトではありません。

その点はいわゆる本業で家庭教師をしているプロの先生達はきちんとわきまえており、家族との関わりも怠りません。
そして、最近の学生の先生達はどちらかというとこの家族との関わりを「面倒」と思われるようです。
しかし、絶対に避けては通れない道ですし、先生に任せっぱなしで全く教育に興味がないような家庭も問題です。
教職員を目指している学生たちにとっては保護者とどう付き合っていけばいいのか、といういい経験が出来ると思います。
また、ご家族の方も成績がなかなか上がらなかった場合にすぐに先生を責めるのではなく、どこに原因があるのかを冷静に見極めて下さい。

出来れば先生も交えて、先生の意見も聞きながら、生徒本人も交えながら、原因を探っていけるような関係が築けるといいですね。

 

コメントは受け付けていません。

Tags:

家庭環境の大切さと家庭教師

家庭教師の先生を頼んでも、場合によっては生徒が勉強どころではないというケースも時々あります。
家庭環境は非常に大切で、生徒が勉強に集中できないような環境であるのに、先生にばかり成績アップを求めても限界があります。

中には家庭教師の先生がご両親と生徒さんとの中間に入り、一から生徒さんが勉強に集中できるような環境を作るようなケースもあるようです。
しかし、それは当然ですがとても大変な作業で、そもそも先生の範疇を超えてしまっていますね。
家庭環境は人それぞれで、とてもセンシティブな問題です。
もしかすると生徒も普段のストレスが自分の家庭環境からきているものだとは分かっていないかも知れません。
ご両親の不仲は特に子供に対して悪影響だと言う事は既に科学的にも証明されてきています。

また、教育熱心なあまりに自分でも多少厳しすぎると思われていないでしょうか。
厳しさも必要ですが、厳しいだけでは家庭の雰囲気も親子の関係も気まずくなってしまいかねませんので、時には優しく褒めるなどの愛情表現をしましょう。

 

コメントは受け付けていません。

Tags:

家庭教師との恋愛

家庭教師をお願いするにあたり一番のご両親の心配事はその先生との恋愛ではないでしょうか。
しかし、それはもう今となっては昔の話というところです。
まず家庭教師センターなどに先生をお願いする時には「どういう先生がいいのか」という希望を事前にセンターへ伝える事が出来ます。

その時に同姓の先生をお願いするケースが多いですし、そもそもセンター自体が生徒との恋愛を禁止しているところもあります。
センターが禁止事項として上げるくらいですから、以前はやはり先生と生徒との「禁断の恋」というものが多かったのでしょう。
生徒の部屋でマンツーマンで一つの机に向かう事になりますから、特にお嬢さんをお持ちのご両親はもし異性の先生になると気が気ではないですよね。

個人契約で家庭教師をお願いする時にも、やはり同様に同姓の先生を希望すればいいのです。
中には先生に恋をした生徒さんの話も聞きますが、先生達もお仕事ですからなかなかそこから先に進展する事はなく、片思いで終わる場合が多いようです。

 

コメントは受け付けていません。

Tags:

カッティングシートの基本です。

カッティングシートを粘着シートの一つです。カラフルな塩化ビニールの裏に糊がついています。
まれに安い粗悪品ですと、ポリエステル製のものがありますが、それには今は振れない事にします。

カッティングシートの面白い属性としては、貼ってから粘着力が増えていくことになることです。一般的にシールやステッカーは、貼ってから時間が経つと粘着率が落ちてしまいますが、カッティングシートは逆ですね。この点は面白いと個人的は思うんです。
ただ、逆に粘着力が高いので、剥がすのが大変ということも言えるみたいです。下手すると素地を傷つけてしまう危険性もあるとのことです。注意が必要ですね。
使用用途しては、素地はあまり選びませんというか、それ専用のものがあると思ってくれればいいのです。紙に使いたいなら紙専用、曲線が多いものなら曲線が多い物のためのカッティングシートを選べばいいんですね。

ただ気をつけなければいけないのは、屋内用と屋外用があることですね。屋内用が安いからと言って、バイクや車の外装には使えません。実際手に取ってみればわかるのですが、屋内用と屋外用では、かなり見た目にも差があります。外の風雨にさらされる危険性があるものは、迷わず屋内用を選ぶようにしましょう。

しかし、あまり使われていないいように思われるでしょうが、かなり用途が広いです。まず家で使う代表的なのが、傷隠しですね。ちょっとしたものなら、ホームセンターで購入できますし。あとバイクや車と先程申し上げましたが、自転車の装飾とかね。今や色の種類だけでも200種類もあるのだそうです。インタネット通販もしているので、見てみると良いかも知れませんね。

 

コメントは受け付けていません。

Tags: